株式会社サンキョウ・エンジニアリング

〒111-0034 東京都台東区雷門2-19-17浅草雷一ビル3階

新技術の提案

藻類バイオマス製造

国立研究開発法人「科学技術振興機構」とマネジメント契約締結

 

一般的なバイオマス製造は、

 

 ① 窒素を含む培養液で藻類を増殖培養させる
 ② 窒素飢餓状態にすることで油脂を蓄積させる

 

このため、窒素を含まない培養液に交換する工程が複雑化し、生産性 が低下したりコスト高になったりするという問題点がある。

 

本発明は、この工程を行うことなく、バイオマスの生産性を向上させる 藻類及びその利用を提供します。

 

 

 特許① 「光合成産物の生産性を向上させた藻類およびその利用」
 特許② 「藻類及びその製造方法、並びに該藻類を用いたバイオマス製造」

 

高品質のエマルジョン燃料

 

【従来のエマルジョン燃料の問題点】

①時間が経つと燃料油と水が分離してしまい長期保存ができない
②エマルジョン燃料が均等に混ざっていないと燃焼にムラが出る。

 

コンサルティング費用とメリット

独自技術で問題を解消し、
高品質エマルジョン燃料が完成

超抗酸化炭素水

-超抗酸化炭素水とはー

 

原料は小豆から作り出される「原子状炭素」ですが、平常環境では作ることが出来ません。
一定の限られた条件でのみ製造可能です。
ナノサイズの原子状炭素を軟水に溶け込ませたのが「超抗酸化炭素水」です。

 

-小豆と健康―

 

赤飯や餡子など私たちの生活の身近にある小豆ですが、抗酸化力が強く、また解毒作用が有ることで古来から珍重されていました。
最近では、サポニンが多く含まれているため、便通や利尿作用が有ることが分かってきました。

 

自然冷媒ガス

-フロン排出抑制法―
平成27年4月施行、地球温暖化とオゾン層破壊の原因となるフロン類の排出抑制のため、 業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者(所有者など)には、機器及びフロン類の適切な 管理が義務づけられました。